【プロ野球2021年】各球団の最古参選手とは?

今回は各球団の投打の最古参選手について、紹介していきます。

ここでは、例としてソフトバンクの和田選手みたいな出戻り選手を含まず、その球団に在籍し続けている選手を指します。

2020年から2021年にかけて、投打とも最古参選手が変わったのが阪神タイガースと千葉ロッテマリーンズです。

阪神は2020年まで、投手が能見篤史(2004年ドラフト自由枠)、野手が岡崎太一(2004年ドラフト自由枠)でしたが、2名とも退団してしまいました。

2021年からは、阪神の投手が岩田(2005年ドラフト希望枠)、野手が俊介(2009年ドラフト5位)と原口文仁(2009年ドラフト6位)に変わりました。

ロッテは2020年まで、投手が竜也(2003年ドラフト1巡目)、野手が細谷(2005年高校生ドラフト4巡目)でしたが、2名とも戦力外通告で退団してしまいました。

2021年からは、ロッテの投手が大嶺祐太(2006年高校生ドラフト1巡目)、野手が角中勝也(2006年ドラフト7巡目)に変わりました。

他にも、各球団の最古参選手が変わったチームがあります。

広島東洋カープの石原慶幸(2001年ドラフト4巡目)は引退したことで、広島の野手が白濱裕太(2003年ドラフト1巡目)になりました。

読売ジャイアンツの宮國椋丞(2010年ドラフト2位)は戦力外通告で退団したことで、巨人の投手が今村信貴(2011年ドラフト2位)、高木京介(同4位)に変わりました。

横浜DeNAベイスターズの石川雄洋(2004年ドラフト4巡目)は戦力外通告をで退団したことで、梶谷 隆幸(2006年高校生ドラフト3巡目)になるはずでしたが、FAで巨人に移籍したことで、最古参野手は桑原将志(2011年ドラフト4位)、乙坂(同5位)に変わりました。

東北楽天イーグルスの青山浩二(2005年ドラフト3巡目)は戦力外通告で退団したことで、辛島航(2008年ドラフト6位)に変わりました。

 

以下、12球団の投打の最古参選手です。(太字は2021年からの変更選手)

 

 

・ソフトバンク

投手:岩嵜 翔(2007年高校生ドラフト1巡目)

野手:明石 健志(2003年ドラフト4巡目)

 

 

・ロッテ

投手:大嶺 祐太(2006年高校生ドラフト1巡目)

野手:角中 勝也(2006年ドラフト7巡目)

 

 

・西武

投手:武隈 祥太(2007年高校生ドラフト4巡目)

野手:中村 剛也(2002年ドラフト2巡目)、栗山 巧(同4巡目)

 

 

・楽天

投手:辛島 航(2008年ドラフト6位)

野手:銀次(2005年高校生ドラフト3巡目)

 

 

・日本ハム

投手:宮西 尚生(2007年ドラフト3巡目)

野手:中田 翔(2007年高校生ドラフト1巡目)

 

 

・オリックス

投手:比嘉 幹貴(2009年ドラフト2位)、山田 修義(同3位)

野手:T-岡田(2005年高校生ドラフト1巡目)

 

 

・巨人

投手:今村 信貴(2011年ドラフト2位)、高木 京介(同4位)

野手:亀井 善行(2004年ドラフト4巡目)

 

 

・阪神

投手:岩田 稔(2005年ドラフト希望枠)

野手:俊介(2009年ドラフト5位)、原口 文仁(2009年ドラフト6位)

 

 

・中日

投手:山井 大介(2001年ドラフト6巡目)

野手:藤井 淳志(2005年ドラフト3巡目)、平田 良介(同高校生ドラフト1巡目)

 

・横浜DeNA

投手:田中 健二朗(2007年高校生ドラフト1巡目)

野手:桑原 将志(2011年ドラフト4位)、乙坂 智(同5位)

 

・広島

投手:中田 廉(2008年ドラフト2位)

野手:白濱 裕太(2003年ドラフト1巡目)

 

 

・ヤクルト

投手:石川 雅規(2001年ドラフト希望枠)

野手:雄平(2002年ドラフト1巡目)

※野手一筋であれば、川端 慎吾(2005年高校生ドラフト3巡目)

 

以上になります。最後まで読んでくださりありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする