2021年 オリックスバファローズ 優勝するため戦力分析してみた!

こんにちは。今回はオリックスが優勝するために投打ともに戦力分析をしてみました。

 

 

※は左投

【投手陣】

・先発ローテーション候補(◎:ほぼ決定、〇:順当、△:大穴)

山本由伸(◎)

山岡泰輔(◎)

※田嶋大樹(◎)

※山﨑福也(〇)

増井浩俊(△)

張奕(△) 

榊原翼(△)

K-鈴木(△)

竹安大知(△)

鈴木優(△)

※宮城大弥(△)

 

 

・リリーフ

クローザー:平野佳寿(〇)

 

セットアッパー:

ヒギンス(〇)

※山田修義(〇)

 

その他リリーフ

吉田凌(〇)

比嘉幹貴(〇)

※齋藤綱記(〇)

漆原大晟(〇)

※冨山凌雅(〇)

吉田一将(〇)

※能見篤史(△)

荒西祐大(△)

※海田智行(△)

金田和之(△)

神戸文也(△)

澤田圭佑(△)

 

・予想スタメン

1番:福田周平(二)

2番:安達了一(遊)

3番:吉田正尚(右)

4番:ジョーンズ(DH)

5番:モヤ(一)

6番:中川圭太(三)

7番:T-岡田(左)

8番:若月健矢(捕)

9番:佐野皓大(中)

 

 

控え

伏見寅威(捕)

頓宮裕真(捕・三)

大城滉二(二)

西野真弘(遊)

宗佑磨(三・外)

杉本裕太郎(外)

小田裕也(外)

 

・投手分析

先発投手では、去年規定投球回数に達した山本と田嶋は、ローテーションに入ることが考えられます。去年は故障で規定投球に達しませんでしたが、2018年シーズンに最多勝を獲得した山岡までの3枚はローテーション入りが確実です。残り3枚ですが、順当に行けば去年先発でチーム2位の5勝を挙げた山崎投手が入り、今年先発に転向する増井が競争に入ることができるかが注目されます。増井に関しては、厳密にシーズン途中から先発に転向しており、先発5試合に登板し、防御率3.42とまずまずの成績を残したため、ローテーション争いに期待がかかります。

他にも、一昨年去年と先発で2勝ずつ挙げた張や、去年は成績を残せませんでしたが2019年(一昨年)に一軍ローテに定着した榊原やK-鈴木がいます。また、高卒2年目の宮城など、楽しみな逸材をいるなど、先発候補はたくさんいるため、去年に比べると先発不足は心配ないのではないかと思います。

 

次にリリーフ投手ですが、去年クローザーだったディクソンが先発に戻るとことで、去年主に8回を投げたヒギンスが順当だとクローザーになることが考えられていましたが、MLBから平野投手が復帰したことで、平野投手がクローザーの座に就くことが考えられます。セットアッパーとしては、ヒギンスや去年チーム最多の48試合に登板した山田や、今年台頭した吉田凌、右のワンポイントリリーフとして安定感のある比嘉が務めることが考えられます。また、去年シーズン後半から一軍に定着した漆原や冨山が、今年はセットアッパーの脇を支える存在として活躍することが期待されます。左のリリーフとして、セットアッパーの山田の他、冨山、齋藤や新加入の能見らがおり、左は充実しております。能見に関しては、去年構想外で阪神を退団しましたが、ボール自体には勢いがあり、40歳を超えても衰えは感じないため、環境の変化により、活躍することが期待できます。

 

・野手分析

スタメンでは、1、2番は去年ある程度の成績を残した2人を選びました。福田は去年、打率.258ながら出塁率.366と成績を残しました。安達は規定未達成でも去年300打席以上立ちながら打率.289と成績を残した。2人は去年それぞれ、二桁の盗塁数を挙げたことから機動力面でも期待できます。

3番には、去年首位打者を獲得しておりここ5年安定して活躍しており、4番に繋ぐ役割を担う吉田を予想します。

4番のジョーンズは去年鳴り物入りで入団しましたが、日本の野球に慣れていないせいか12本塁打と思うような成績を残せませんでした。今年は日本の野球に慣れていることを期待し、MLB通算282本塁打と力があるのは間違いないため、今シーズンに期待します。

5番のモヤは46試合出場ながら12本塁打と成績を残しましたため、。

6番サードですが、去年2軍で.333とぶっちぎりの活躍をした中川を現時点で予想します。2019年はルーキーながら111試合に出場し、打率.288と高いアベレージを残したため、今年は去年の不振から脱却したいところです。

7番には、去年チームトップのホームラン数を記録したT-岡田を起用すると予想します。

8番の若月は去年打撃面での向上が見られ、捕手としてチーム内最多出場したことから、今年も去年以上の活躍が期待できます。

9番の佐野は主に代走としてチーム最多の20盗塁を挙げました。打撃面では打率.214であるため、打率でもう少し上積みがあれば、レギュラーは十分に可能です。

 

 

・まとめ

先発に関しては、増井がリリーフから先発に転向したり、若手の先発候補の頭和数はおり、それだけの先発の層が増えるため、先発不足は解消されることが考えられます。

ローテーションは山本、山岡、田嶋の3枚が確実で、残り3枚が固定できれば、先発に関しては、優勝に向けて合格点ではないかと思われます。

リリーフに関しても、クローザー予想の平野を中心に、期待通りの活躍ができれば、安定する可能性は高いです。

勝ちパターンの吉田凌、山田、ヒギンスと固定できれば、強くなるのではないでしょうか。

野手は福田、安達、若月、佐野とセンターラインが固定できれば、守備面でも、機動面でも他のチームに引けを取らない安定した戦いができます。

また、中軸ですが、誰かが、不振故障等で不在になった時も杉本などいるため層の厚さは問題ないかと思います。

以上から、センターラインと中軸が固定できれば、優勝に向けて打撃に関しても合格点ではないかと思います。

 

上記より、投打がうまくかみ合えば、優勝も夢ではないはずです。

以上になります。最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする